【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

メディカル・リハビリホームボンセジュールはるひ野 ホームブログ 

空室状況
1人部屋:
3部屋
2人部屋:
1部屋

空室状況は、 2021年10月27日時点のものです。

空室が残りわずかです。ご希望の方はまずはご相談ください。
見学・ご相談

2016年5月の記事

  • 今日の健康庭園

    2016年5月29日

    今日の健康庭園

    今日の健康庭園の様子です。
    トマトは小さな実がなりました!

    続きを読む

  • セミナー「成年後見制度」

    2016年5月28日

    セミナー「成年後見制度」

    本日は外部から講師をお招きして、セミナーを開催いたしました。
    タイトルは「成年後見制度についてとことん知ろう!」。講師はBF・H株式会社(ベストファーム)・筒井先生です。

    成年後見制度とは、「ある人の判断能力が精神上の障害により不十分な場合に、その人を法律的に保護し、支えるための制度」(当日の研修資料より許可を得て抜粋)です。
    広告をご覧になって参加された方々に、当ホームにお住まいのご入居者様も加わり、質疑応答で予定時間を超過する盛況ぶりでした。

    少子高齢化社会の中で、親御様とご自身・ご家族を守るために必要な情報は多岐にわたります。「メディカル・リハビリホームボンセジュールはるひ野」では、今後も地域の皆様に必要とされるセミナーを、定期的に開催させていただく予定です。

    続きを読む

  • 社内研修(服薬介助)

    2016年5月27日

    社内研修(服薬介助)

    今日は当ホーム内で、服薬介助(お薬を飲むお手伝い)手順の研修を行いました。
    手順に変更があったわけではありません。「どんな人間も、間違いは起こす」けれども、「お薬はご入居者様の生命に直結する可能性が高い」ことを忘れず、慣れによって「自分だけは間違わない」と思っていないか、自分自身に問いかけるための研修です。
    介護職員の代表が講師となり、看護職員・機能訓練指導員も参加しました。

    続きを読む

  • 「リラックスの会」リハビリ小集団

    2016年5月27日

    「リラックスの会」リハビリ小集団

    感覚刺激を中心にした会を行いました。
    人はたくさんの感覚の中で生活しています。
    例えば「ご飯を食べる」ということの中でも、視覚として食べ物だととらえ、嗅覚でどのような種類の食べ物なのかを認識し、触覚でお箸やお椀を使い、味覚としてどのような味なのかを感じ、聴覚としてお食事中の会話を楽しみます。

    たくさんの感覚の中で生活していますが、ご入居者様の中には、刺激を受け取ることが難しい方、逆に刺激に過剰に反応してしまう方がいらっしゃいます。
    今回の会の目的は、個々に応じて感覚の整理をし、その方らしさを引き出すこととしました。
    まずは、感覚を受け取りやすくするために、暗い環境の中で行いました。

    続きを読む

最近の記事


テーマ


更新月

2021年
4月
2020年
12月
11月
10月
7月
2018年
8月
2月
1月
2017年
12月
10月
9月
8月
7月
6月
4月
2016年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2015年12月以前のホームアルバム

スタッフとの関わりやご生活のようすなど
ホームの日常もご覧いただけます

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!