【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

グランダ目黒 ホームブログ

空室状況
1人部屋:
5~
2人部屋:

空室状況は、 2021年12月2日時点のものです。

“グランダカフェ”で出すおやつ作り

2019年2月1日

image_1.jpg

先日の“グランダカフェ”に続き、今回は“グランダカフェ”で出しているおやつを作っているご様子を紹介したいと思います。
写真は昨年10月に開催された“グランダカフェ”の看板です。10月の第4金曜日の開催でしたので、ハロウィンにちなんでかぼちゃとおばけの折り紙を飾りました。

image_3.jpg

おやつ作りの第1歩。まずは材料の購入から。
ご入居者様と一緒に近くのスーパーに買い物に出掛けました。今回作るのはかぼちゃを使ったスイートポテトならぬスイートパンプキン。
「作るからには材料からこだわらないと!」と、お目当てのかぼちゃや調味料を探しにスーパーをはしごしました。 
買ってきたかぼちゃを切ってくださるご入居者様。
はじめは介護職員がかぼちゃを切っていたのですが、若い介護職員の包丁さばきがぎこちなかったからでしょうか?途中「包丁替わろうか?」とご入居者様が声をかけてくださいました。
さすが長年包丁を持っていった皆様です。手つきが全然違う!

image_4.jpg

切ったかぼちゃをうらごしして鍋の中へ。
砂糖、バター、牛乳と卵黄も入れます。
「私の家の味噌汁には卵をよくいれたものよ。」などなど。
ちょっとした時間の中で、皆様のご自宅で作っていたお料理の話で盛り上がります。味噌汁の味付けにも皆様こだわりがあるものです。

image_5.jpg

水分がとんだものを、形作っていきます。
皆様手早くてあっという間に人数分が完成してしまいました。
「おいしくできたかしら?お店だったらひとついくらで売っているかしらね?」
いやいや、本当にプロ顔負けです。皆様にお給料を渡さなければいけないくらいの出来栄えです。

image_6.jpg

うっすら卵黄を周りに塗ってから、オーブンでじっくり焼き上げます。
“グランダカフェ”で提供しているおやつは、すべてご入居者様の手作りになっています。
“グランダカフェ”はいつも午後2時30分からなので、午前中いっぱいかけて皆様で作っています。
夏はフルーツポンチ、クリスマスにはクリスマスケーキを作りました。

image_7.jpg

もちろん盛り付けもご入居者様がおこなっています。
おやつ作り、会場準備、おやつや飲み物の配膳、歌の会の主催、片付けまで、ご入居者様がそれぞれ役割を持っていらっしゃいます。
無理にお手伝いしてもらっているわけでもなく、自然と主体的に皆様がおこなっているのが“グランダカフェ”の特徴です。
「次は○○を作りましょう!」と皆様の「○○をしたい!」を実現できるお手伝いを、私たち介護職員は心がけております。

最近の記事


テーマ


更新月

2021年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2020年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2019年
8月
5月
4月
2月
1月
2018年
12月
9月
8月
7月
6月
5月
2月
2017年
12月
9月
7月
6月
5月
4月
3月
1月
2016年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
2015年
1月

2015年12月以前のホームアルバム

スタッフとの関わりやご生活のようすなど
ホームの日常もご覧いただけます

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!