シリーズ特徴アリア

コンセプト

「アリア」――それは、これからの時間をご自分のために、自由に過ごせる家

オペラなどの叙情的で旋律的な特徴の強い、クライマックスとなる独唱曲“アリア”。
ご入居者様の人生をひとつのオペラになぞらえ、アリアを謡うがごとく、ホームでお過ごしいただく時間が、その方にとって、最も輝くものであってほしいという願いを込めてシリーズ名としました。
介護や看護が必要な方も、たとえ将来体調が変化しても、ご自分らしく――。
居住性・デザイン性を大切にした住空間に24時間の看護体制を整え、「その方の人生にふさわしいご生活」をお送りいただけるよう、今日もお一人おひとりの心と身体に寄り添っています。

アリア シリーズの特徴

2003年、杉並区久我山で始まった「アリア」シリーズ

それまでの有料老人ホームの運営の中で、お客様からご要望をいただくものの、なかなかお応えすることが難しかった「医療的ケアの対応力」「食の楽しみに応える質」「ご自宅に近い住空間」。そのご期待に応えるソフト・ハードを備えた新しいコンセプトのホームとして誕生し、当時としては珍しかった「24時間の看護体制」を先駆けて採用しました。介護予防にも積極的に取り組むなど、健康管理や医療連携の安心感を追求。ホーム建設地に元々あった旧邸宅の意匠を活かした、懐かしくも格調高い住空間の提案(「芦花翠風邸」「成城歐林邸」)など、常に新しいホームのあり方を時代に提案し続けてきた歩みはこれからも続きます。

居住性とデザイン性を大切に。くつろぎを追求した「家」

アリアの建築は、「老人ホーム=施設」ではなく、「家」としてどうあるべきかにこだわっています。外観からインテリアに至るまですべてのホームが違うデザインとなっており、それぞれのホームの立地、周辺環境、その土地の歴史を踏まえたつくりになっています。その意匠・装飾は本物志向にこだわり、木などの自然素材を多用したしつらえで、「家」としての温かさを大切にしています。また居室(全居室床暖房・家具付き)、ファミリールームなどのプライベート空間に加え、エントランス、ラウンジ、ティールームやダイニングなどのセミパブリックな空間をゆったりと設計。ご入居者様はもちろん、ご来訪されるご家族様にとっても、居心地の良いリラックスした「家」を目指しています。

お一人おひとりを尊重した、「その方だけ」のおもてなし

ご入居を希望される方には、お身体の状態はもちろん、お食事の好みや趣味・嗜好を詳しく伺い、どのような生活を希望されるか、私たちに何を期待されるのかをお伺いして暮らしのご提案を差し上げます。生活に潤いをもたらす音楽・園芸などの趣味活動や健康維持のための運動など、ご入居者様お一人おひとりのこれまでの生活歴を踏まえた上で、その方に合わせた形でご提供。また、健康面のケアに関しては、24時間の看護体制を全ホームで整えており、夜間の体調変化があっても医療機関と連携し、かかりつけ医の指示のもと医療的ケアに対応することが可能です。日々の楽しみであるお食事は、各ホームで料理人が心を込めて調理。健康面の配慮や食材の品質だけでなく、目を楽しませる盛り付けや器にもこだわり、四季を感じていただけるメニューをご用意しています。

アリアのホーム一覧

チェックしたホームをまとめて資料請求できます。

東京都(23)

京都府(1)

  • アリア
  • グラニー&グランダ
  • ボンセジュール
  • くらら
  • まどか
  • ここち
  • リレ
  • アリア
  • グラニー&グランダ
  • ボンセジュール
  • くらら
  • まどか
  • ここち
  • リレ
  • 7シリーズの特徴を比べる
チェックしたホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!