シリーズ特徴ここち

コンセプト

さまざまな方と協力しながら創り上げていく、お一人おひとりの「心地よさ」

「ここち」シリーズは、スタッフ、ご入居者様、ご家族様、地域の方々、みんなで過ごしやすい環境を創りあげていく、「共創」をコンセプトにした生活参加型ホームです。ここちの名称は、お身体がどんなにご不自由になっても、その方らしい、居心地のよい暮らしをさまざまな方との協力で作っていきたい。そんな願いが込められています。
お一人おひとりの「心地よさ」はさまざまです。その実現のために、私たちはご入居者様、ご家族様との対話を大切にしています。

ここち シリーズの特徴

2011年、埼玉県の東岩槻でスタートした、「ここち」シリーズ

ベネッセでは、それまで都心部を中心にホーム開設をしてきましたが、郊外の住宅街での暮らしを希望される方に合わせて場所を検討し、価格もベネッセの中では比較的リーズナブルに設定してスタートしたのが「ここち」シリーズです。コンセプトは「共創」。ご入居者様もホームの一員、地域の一員として役割を持ち、スタッフやご家族様の見守りと支援を受けながら、ご自分でできることはご自分でしていただく中で、地域に密着した暮らしを送っていただけるようホーム運営を行っています。

地域に開かれたホームで、その土地に根ざした暮らし

玄関を入るとそこは明るく賑やかなダイニング。自然と人が集まり、おしゃべりしたり、趣味に興じたり。さまざまな職種のスタッフが見守るなかで、皆さん思い思いに過ごされています。また、ダイニングは地域の皆様との交流の場になることも。例えば、「ここち西船橋」では、ホームのダイニングを毎日数時間地域の方々に無料開放し、老人クラブや各種サークル活動などにご利用いただいています。ご入居者様も地域住民の一人として一般の方と同じように参加され、地域のいろいろな方との交流を楽しむ機会を持たれています。「共創」というコンセプトはホーム内だけでなく、地域にも広がっています。こうして地域との関わりを持ち、社会性のある暮らしを続けることが生活のハリにもつながっていきます。

できることは自分で。いつまでも自分らしく

ここちでの生活はご自宅での暮らしと同様、ご入居者様にも役割があり、できることはご自身で、できないことはスタッフがお手伝いをさせていただくという形で対応させていただいています。普段の生活の中で、自ら目的をもって身体を動かすことで、お身体の機能維持だけでなく、お気持ちにもプラスの変化をという期待から、できる範囲で生活参加していただけるようにしているのです。ホームでの生活にはご家族様にも関わっていただけるようになっており、お部屋のお掃除やお散歩など、さまざまな生活シーンでご家族様に参加いただいています。こうした生活プランは、ご入居者様お一人おひとりの状況にあわせて、ケアマネジャーが中心となって、ご入居者様・ご家族様・ホームが納得するまで考え作成しています。

ここちのホーム一覧

チェックしたホームをまとめて資料請求できます。

埼玉県(2)

千葉県(6)

東京都(1)

神奈川県(2)

大阪府(2)

岡山県(1)

  • アリア
  • グラニー&グランダ
  • ボンセジュール
  • くらら
  • まどか
  • ここち
  • リレ
  • アリア
  • グラニー&グランダ
  • ボンセジュール
  • くらら
  • まどか
  • ここち
  • リレ
  • 7シリーズの特徴を比べる
チェックしたホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!