【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

メディカルホームまどか武蔵浦和 特徴

空室状況
1人部屋:
3部屋
2人部屋:

空室状況は、 2019年12月15日時点のものです。

空室が残りわずかです。ご希望の方はまずはご相談ください。
見学・ご相談

家庭と変わらぬ「いつもの暮らし」でご自分らしさを大切にしています。


ホーム運営はご入居者様と一緒に考えます。

ご入居者様には、それぞれの得意なこと、やりたいことを楽しみながらご自身の力を発揮していただきたいと考え、意見交換会を開催してホームでの活動を決めています。ご入居者様が主体的に活動いただけるよう、スタッフは見守りながら縁の下の力持ちに徹するよう努めています。


さまざまな専門職が連携し、個別のリハビリメニューをご提案。

皆様の身体機能の維持・向上をはかるため、機能訓練指導員だけでなく、その指導のもとさまざまなスタッフが連携してサポートをしています。リハビリメニューの組み立てはおもに機能訓練指導員が行い、具体的な方法をスタッフに指導しています。機能訓練指導員、看護職員、ケアマネジャー、栄養士など多くの職種が連携し、その方に合ったケアを日々検討しています。


ホーム外の笑顔が集まる場所

お天気が良い日は、できるだけホーム外へのお散歩にお誘いし、外気浴を行っています。新鮮な空気を吸うことで、心身のリフレッシュにもなります。また毎月「外出アクティビティ」として季節を感じられる場所や食事に出かけたりしています。ご入居者様同士のコミュニケーションも深まり楽しみの一つとなっておられるようで好評です。

モデルルーム
モデルルーム

その方にあった「過ごし方」を考えた居室

写真は居室での点滴が必要な方をイメージして作ったモデルルームです。お好きだった「落語」がスピーカーから流れ、趣味で集めた「切手コレクション」をベッドに横になったまま眺められるように工夫。点滴スタンドも無機質にならないよう緑を交えて装飾しました。
お身体の状態によっては一日のうちほとんどを居室で過ごされる方もいらっしゃいます。そんな中でも、視覚、聴覚、嗅覚など五感に刺激のある空間にできるよう考えています。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!