【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

リハビリホームまどか戸田 特徴

空室状況
1人部屋:
予約受付中
2人部屋:

空室状況は、 2020年6月4日時点のものです。

空きが出る場合もございますので、まずはご相談ください。
見学・ご相談

「やりたいこと」を支える身体づくり、自分らしい自分に出会える暮らし

リハビリに取り組まれるご入居者様 リハビリに取り組まれるご入居者様

お一人おひとりの身体機能を評価し、目標に合わせたリハビリプランを提案しています

機能訓練指導員を概ね合計週40時間配置し、リハビリを強化したホームです。機能訓練指導員がご入居者様お一人おひとりの目的やお身体の状態に合わせたリハビリメニューを作成、実施しています。ただ身体機能の維持・向上を目的とするのではなく、リハビリの先にある「やりたいこと、叶えたいこと」を目標にし、リハビリによって「その方らしい暮らし」を実現することを見据えてサポートしてまいります。

アクティビティに参加されているご様子 アクティビティに参加されているご様子

アクティビティを通して、趣味の継続・新しいことへの挑戦をお手伝いします

ホームでもお好きなことを続け、新しい趣味を見つけていただくことができるよう、さまざまなアクティビティをご用意しております。初めてのアクティビティでもお気軽にご参加いただけるよう、スタッフがお手伝いいたします。アクティビティは同じ趣味をお持ちのお仲間ができるなど、ご入居者様同士の交流の機会にもなっています。

ご入居者様と一緒に作り上げる思い出 ご入居者様と一緒に作り上げる思い出

「ご入居者様主体」を大切にしたイベントの数々

当ホームでは季節ごとに合わせたイベントも実施しており、企画の段階からご入居者様にもご参加いただくようにしています。それぞれに「役割」をもっていただき、企画・運営・実行まで「ご入居者様主体」で行っていただきます。スタッフは側で見守りながら、難しいところをサポート。ご入居者様は、主体的にイベントに取り組まれることによって、やりがいや達成感をしっかりと感じ、大切な思い出になっているご様子です。

日々の活動が評価され表彰状をいただことも 日々の活動が評価され表彰状をいただことも

地域とつながったホームを目指して

健康やリハビリ、認知症をテーマにしたセミナーやカフェイベントを定期的に開催し、近隣の皆様とご入居者様(ご希望の方)との交流の場をつくっております。近隣の小学校や保育園の子供たちと触れ合う機会をいただくこともあり、ご入居者様の楽しみのひとつとなっています。地域交流を通して社会とのつながりを実感していただけているようです。

イメージ イメージ

「これまでのお暮らし」を私たちに教えてください。

ご入居時に、突然生活環境が変わり戸惑われないように「これまでの暮らし」や「大切にしてきたこと」、「やりたかったけどあきらめていたこと」をスタッフが詳しくお話を伺いし、生活スタイルのご希望やご要望をふまえて、これからのホームでの過ごし方を一人ひとりに寄り添ってご提案させていただきます。

イメージ イメージ

オレンジリングをつけたスタッフがサポートします。

認知症を正しく理解し、認知症の方や家族を温かく見守る応援者である認知症サポーターの証「オレンジリング」。全スタッフの取得を推奨し、ご入居者様の生活や、地域の方の安心につなげていきます。

「まどか図書館」お好きな本を貸し出します。

ホーム内の「まどか図書館」では、すぐ近くにある市立図書館からスタッフがこまめに本を借りてきて、ご入居者様に自由に手にとり楽しんでいただいています。読みたい本をリクエストしていただくことも可能です。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!