【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

くらら宮前平 特徴

空室状況
1人部屋:
4部屋
2人部屋:

空室状況は、 2020年4月8日時点のものです。

空室が残りわずかです。ご希望の方はまずはご相談ください。
見学・ご相談

少人数のグループケアで、顔なじみのご入居者様・スタッフに囲まれる安心感の中、その方らしい暮らしを実現できるようなお手伝いに努めています。

園芸を楽しまれるご入居者様 園芸を楽しまれるご入居者様

ご入居者様の「やりたい!」という想いを引き出し、実現に向けたサポートに努めています。

編み物や料理、着付け、園芸など、ご入居者様の「やりたい!」というお気持ちを引き出し、どのようにしたら実現できるか、難しい場合も、代わりに何ができるかを考え、実現に向けてサポートしています。
やりたいことができたという達成感は次への意欲につながり、日々の生活にもメリハリが生まれ、いつまでもお元気で過ごしていただだけると考えています。

役割は、食後の洗い物 役割は、食後の洗い物

「役割」のある暮らしで、「ここが私の居場所」と感じられる環境づくりをしています。

食事の準備や花の水やりなど「役割を持つ」ことで、ホームがその方の居場所になります。体操の時間に皆様にお集まりいただくお声がけから生け花の講師まで、その「役割」はさまざま。
人の役に立っているという喜びやハリをいつまでも持ち続け、「家」のように感じて暮らしていただけるような環境作づくりをしています。

スタッフと1対1でお茶の時間 スタッフと1対1でお茶の時間

スタッフと1対1でお好きなことをして過ごしていただく、「私の時間」をご用意しています。

週に1回30分の「私の時間」は、ご入居者様にマン・ツー・マンでスタッフとの時間をお過ごしいただくサービスです。
「お茶をしながらおしゃべりしたい」、「近くの公園で散歩したい」、「お買いものに行きたい」などのお一人おひとりのご要望に可能な限りお応えし、ほかのご入居者様に気兼ねすることなく過ごしていただける時間を作っています。

イメージ イメージ

グループケアを採用し、認知症の方も安心感を持てる空間作りに努めています。

当ホームは、少人数のグループケアを採用しています。
フロアごとに配置されているリビングは、お食事をするだけでなく、アクティビティや談笑の場にもなっています。
同じフロアのご入居者様やフロア専任の介護職員職員など、いつもと同じ顔ぶれが集まり、なじみの関係を作りやすく、認知症の方にも安心感を得られやすく、穏やかに過ごしていただける空間です。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!