【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(介護専用型/一般型特定施設入居者生活介護)

メディカルホームグランダ金沢文庫 特徴

空室状況
1人部屋:
予約受付中
2人部屋:

空室状況は、 2019年12月15日時点のものです。

空きが出る場合もございますので、まずはご相談ください。
見学・ご相談

夜間や在宅での介護が必要な方も、安心してお過ごしいただけるよう努めています

ゆったりとご自分の時間を楽しめる居室(全個室)のほか、1階のダイニングルームを中心に各階にティールームを設けるなど、暮らしを彩るスペースをご用意しております。プライベートな空間も、共用スペースもご自分の住まいとして気兼ねなくお使いいただけます。お一人おひとりの生活スタイルを尊重いたします。

夜間でも医療的ケアにも対応(イメージ) 夜間でも医療的ケアにも対応(イメージ)

スタッフだけでなく、看護職員も365日24時間配置

介護の必要な方や疾患・認知症をお持ちの方、ご家庭では難しい夜間でも医療的ケアの必要な方、寝たきりのお身体の状態の方も入居のご相談が可能です。看護職員を24時間配置し、急なお身体の変化にも対応出来るように取り組んでいます。

介護度進行運動(イメージ) 介護度進行運動(イメージ)

通常週1回、介護度進行予防運動を実施

介護予防担当スタッフによる「介護度進行予防運動」を導入し、今できること、楽しみにしていることをいつまでも続けられるよう、お身体の状態に合わせて、身体機能維持を目的としたプログラムをご提案・実施しています。

スタッフミーティングで連携・情報共有 スタッフミーティングで連携・情報共有

ご入居者様のニーズにあった生活プランをご提案いたします。

「生活プラン」とは、ご入居者様の心身の状態や生活の環境などを配慮して作成される介護サービスの利用計画のことです。ごやご家族様に本人様にお話を伺いながら作成。その後もお身体の状態やニーズの変化に合わせて、日々お手伝いに携わっているスタッフの視点も反映しながら、随時見直しを行っていきます。

お茶の時間にお好きな飲み物を(イメージ) お茶の時間にお好きな飲み物を(イメージ)

脱水症状防止、水分摂取目標は「1日1,000cc」

ご高齢の方は、のどの渇きを感じにくく、必要な水分量を摂取されないことが多いため、脱水症状になりやすい傾向があります。そのためホームでは、1日1,000ccを目標に水分を取っていただけるよう取り組んでいます。少しでも多い水分を、無理なく摂取していただくため、10時・15時のお茶の時間にコーヒー、紅茶や麦茶などのお飲物をご用意し、お好きな飲み物を召し上がっていただいています。また、あまり水分を摂取されないご入居者様にはスタッフが積極的にお声掛けし、お手伝いさせていただいています。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!