【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

まどか南浦和 特徴

空室状況
1人部屋:
3部屋
2人部屋:

空室状況は、 2021年9月21日時点のものです。

空室が残りわずかです。ご希望の方はまずはご相談ください。
見学・ご相談

それぞれのお身体の状態に合った役割ある生活をご提案。これまでのお好きな趣味を続けながら、ホームだからこそ送れる「ご自分らしい生活」のサポートをさせていただきます。

アクティビティのご様子 アクティビティのご様子

種類が充実。選べるアクティビティを通常毎日実施しています

通常毎日フロアごとに多種多様なアクティビティを行っています。ご入居者様がその日やりたいと希望されるアクティビティを選んで参加していただくことで、ハリのある充実した生活をお送りいただいております。
例えば、1階では「絵手紙」や「習字」「調理」など、おもにご入居者様がやりたいことや昔やっていたことを取り入れています。2階ではリラックス効果や記憶力の改善にもつながると言われている音楽を取り入れたアクティビティを、3階ではボランティアや外部講師の方をお招きしたアクティビティを多く取り入れています。ギター演奏や朗読、スポーツクラブの講師を招いての体操や時には近隣の小学生を招いての交流会など、普段とは違ったアクティビティや交流を楽しみにされている方も多く、ご入居者様にもご好評いただいています。

ご入居者様同士で調理をされるご様子 ご入居者様同士で調理をされるご様子

お元気にお過ごしいただくための自立支援の取り組み

毎日をお元気にお過ごしいただくために、自発的な生活のご提案として「自立支援」の取り組みを行っています。
ご入居者様同士での話し合いの場を設け、取り組みの内容を決めていきます。調理アクティビティのメニューや作り方、庭で育てる植物や野菜についてなど、話し合った内容をご入居者様主体で実践していただきます。
ご入居者様がご自身で考え、やりたいことを決めて行っていただくことで、お身体の機能維持・向上、認知症の予防にもつながり、日々の生活の中で生きがいやハリを持ってお過ごしいただくことを目的としています。

食器洗いをされるご入居者様 食器洗いをされるご入居者様

生活にハリを。「役割」のある生活をご提案

ホームに入居すると、介護職員・看護職員・ケアマネジャーといった多職種によるお手伝いが多くなるため、今まで日常的に行っていたことが徐々にできなくなってしまうことがあります。
「まどか南浦和」では、その方の今までのご生活や機能に合わせ、ご自身で可能なことは行っていただき、ご本人様のご要望をうかがいながら、ホーム内での役割をご提案しています。
役割を持っていただくことで、お一人おひとりにとってハリのある毎日をお過ごしいただけるよう、お手伝いをさせていただきます。

植物のお手入れをしているご様子 植物のお手入れをしているご様子

身近に四季を感じられる、恵まれた近隣環境

中庭では多くの植物を栽培し、そのお手入れはご入居者様と一緒に行うことで、緑に触れる機会となっています。また当ホームより徒歩2分程(約160m)の距離にある緑豊かな小谷場公園では、お花見や町内会の夏祭りといった四季折々の地域のイベントに触れることもでき、ホームの内外で身近に四季を感じられます。
近くには郵便局やコンビニエンスストアがあり、「ちょっとお買い物に」「天気がいいので、散歩に出かけてきます」など、お散歩や外出を楽しまれるご入居者様もいらっしゃいます。

セミナーのご様子 セミナーのご様子

地域との交流の場をご提供いたします

当ホームではさまざまなテーマの講師の方にお越しいただき、地域の方々に参加していただけるセミナーを開催しています。セミナーにはご入居者様も積極的に参加されており、地域の方々との交流の場にもなっています。
地域社会とのつながりを持つことで、ご入居者様によい刺激となるような環境作りに努めています。
※感染症予防として、現在はセミナーの実施を控えさせていただいております。

研修の様子 研修の様子

認知症に対する理解を深める取り組みを行っています

当ホームでは認知症ケアにも力を入れています。「認知症」にはさまざまな症状があり、それぞれの症状に対する理解を深め、ご入居者様に穏やかに生活を送っていただけるよう、定期的に研修を実施しています。研修では、社内で認定される資格をもったスタッフを中心に多角的なアプローチの知識、技術の向上に努めています。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!