【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

メディカルホームくらら久屋公園 特徴

空室状況
1人部屋:
3部屋
2人部屋:

空室状況は、 2019年10月16日時点のものです。

空室が残りわずかです。ご希望の方はまずはご相談ください。
見学・ご相談

「都会のオアシス」のような静かな環境の中でご自分らしくお過ごしいただけるメディカルホームです。

笑顔で行うリハビリのご様子
笑顔で行うリハビリのご様子

お一人おひとりに合わせた、「気持ちよく楽しく」できるリハビリをご提案

機能訓練指導員がお一人おひとりのお身体の状態や目標に合わせたリハビリメニューをご提案いたします。車椅子の方、寝たきりの方には、上肢や下肢を動かすことで、筋肉の収縮や関節が固まらないよう拘縮予防体操を行うほか、「歩く」ことに焦点をしぼり、最適な負荷で下肢筋力の向上を図る歩行訓練など、目標を定めた機能回復訓練も行っています。また集団リハビリでは、ご入居者様同士がグループになって行うことにより、楽しみながらお互いを刺激し、励ましあったりすることで、参加意欲が増すなどの効果が出ています。

お身体の状態に合わせてリハビリプログラム
お身体の状態に合わせてリハビリプログラム

「食べる楽しみ」「伝える喜び」を追求したリハビリプログラム

「メディカルホームくらら久屋公園」では「食事」と「発語」のリハビリにも力を入れています。「食事をおいしく食べ続けたい」「自分の言葉で気持ちを伝えたい」と望まれるご入居者様のために、機能訓練指導員が噛む力、飲む力、発語などの機能評価をさせていただいた上でリハビリプログラムを作成し、日々変化するお身体の状態を確認しながら、機能の維持・回復を各専門職スタッフと連携して全力でサポートさせていただきます。

ホームでのご入居者様のご様子
ホームでのご入居者様のご様子

できる楽しさや達成感を大切に、役割とハリのある生活をお手伝い

当ホームでは、それぞれのご入居者様のお得意なことを役割分担して行っていただけるような支援をしています。ご本人ができることはそばで見守り、お一人だけで行うのが難しいことは、スタッフがその方の目や耳の代わりになれるようなお手伝いをさせていただくことで、できる楽しさや達成する喜びを支えていきます。

「○○したい」というお気持ちを大切に
「○○したい」というお気持ちを大切に

ご本人の「したい」に可能な限り応え、「非日常」が感じられるような機会づくりを

皆様に普段の生活から抜け出し、「非日常」を感じていただけるような機会のご提供を心がけています。「ホテルで大好きなステーキを食べたい」「お寺に趣味の写真を撮りに行きたい」「大好きなフルーツ狩りに行きたい」「懐かしい幼少期の場所に連れて行って」など、ご入居者様から一緒に過ごしたい人、食べたいもの、行きたい場所などを伺い、可能な限りご要望にお応えできるよう努めています。

往診のご様子
往診のご様子

協力医療機関が同一建物内に併設されています。

ホームに併設する協力医療機関の医師による医療面のサポートや、ホームに往診してくださる内科のご紹介が可能です。 ご入居者様の体調に変化が生じた際は、医師からホームのスタッフに必要な助言・ 指導などが伝えられます。
※ご入居者様が協力医療機関を受診する場合には、ご入居者様と医療機関の直接の診療契約が必要です。
※医療費はご入居者様の負担となります。

久屋大通庭園フラリエへのお散歩
久屋大通庭園フラリエへのお散歩

緑に囲まれた都会のオアシスで四季のうつろいを五感で感じられる周辺環境

リビングルーム兼食堂兼機能訓練室の窓からは「久屋大通庭園フラリエ」と「久屋大通公園(前津公園)」の眺めをお楽しみいただけます。「都会のオアシス」のような静かな環境で、朝には鳥たちのさえずりを聞きながら、四季の移り変わりを感じていただけます。「久屋大通庭園フラリエ」に午後のお茶やランチに出かけたり、ふらっと立ち寄るのもご入居者様の楽しみのひとつとなっています。

活発に意見が交わされる勉強会
活発に意見が交わされる勉強会

多職種が参加するホーム全体の勉強会で知識と技術の向上を目指しています

ホームでの全体ミーティングや勉強会、また職種を超えた話し合いを積極的に行っています。ご入居者様が安心して快適で楽しいご生活をお送りいただけるよう、認知症ケアや介護技術、生活プランについてなど、テーマを決め多職種で意見を交わすことで、スタッフの知識と技術の向上を目指しています。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

愛知県内の市区郡から有料老人ホームを探す

愛知県内の有料老人ホームを種類別に探す

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!