【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

メディカル・リハビリホームボンセジュール秦野渋沢 特徴

空室状況
1人部屋:
5~
2人部屋:
予約受付中

空室状況は、 2020年1月24日時点のものです。

看護職員は24時間配置、機能訓練指導員を概ね合計週40時間配置し、心身ともに健やかなお暮しを支えます

機能訓練室でのトレーニングの様子
機能訓練室でのトレーニングの様子

「できること」を大切に、リハビリの先にある「自分らしい暮らし」を実現します

機能訓練指導員を概ね合計週40時間配置し、リハビリの面からも皆様のご生活のサポートをいたします。「自分らしい暮らし」とは何なのか?を一番に考え、その方の「できること」を減らすことなく、ひとつでも増えるよう全力でサポートいたします。いつまでも「自分らしく暮らせること」が私たちのリハビリが目指すゴールです。

実際の機能訓練のご様子
実際の機能訓練のご様子

「いつまでも自分の足で歩きたい」その想いに寄り添います

実際のご入居者様で、ご入居された際には歩行機能が低下していた方がいらっしゃいました。機能訓練指導員が評価を行い、リハビリのアドバイスをし、何より「自分の足でまた歩きたい」というゴールを共有することで日々のリハビリを続けていただきました。その結果、歩行機能が回復しシルバーカーを支えにしながら外出ができるようになったという事例も生まれています。

お身体の状態に合わせた食形態のご提案も
お身体の状態に合わせた食形態のご提案も

お食事をおいしく召し上がれる。そんな豊かな時間をいつまでも

健康を支える点で大切な「お食事」に対するサポートも行っています。機能訓練指導員が中心となり、皆様のお身体の状態に合ったお食事形態の提案や嚥下機能向上のためのリハビリを、介護職員が日々の生活の中でお手伝いしていきます。その方の暮らしが豊かなものになるため、お食事をいつまでもおいしく召し上がっていただくことも大切にしています。

お食事前の口腔体操の様子
お食事前の口腔体操の様子

日々のお食事を楽しんでいただくために

安全に美味しくお食事を楽しんでいただくために、皆様の嚥下機能評価を行うだけでなく、日々のお食事前に口腔体操を実施しています。大きくはっきりと発音を行うことで口周りの筋肉を鍛える体操など、スタッフと一緒に楽しみながらしていただける内容になっています。

ボールを使って楽しみながら体操を
ボールを使って楽しみながら体操を

お身体の状態に合わせた介護度進行予防体操

ご希望の方には通常週1回の介護度進行予防体操に参加していただいています。音楽に合わせた体操から、ハンカチやボールなどを使い座ったままでできる体操など、さまざまなメニューを行っています。お身体の状態に合わせたグループに分かれて行いますので、ご自身の状態やその日の体調に合わせて楽しみながらお身体を動かしていただけます。

看護職員を24時間配置
看護職員を24時間配置

日々の健康管理から急なご体調の変化にも対応できるよう、夜間の体制も整えています

かかりつけ医の指示のもと日常の健康管理を行うほか、介護職員とも連携し生活面のご不安が解消できるようお手伝いをしております。胃ろうやインスリン投与、IVHなどの医療的ケアが必要な方や退院後の生活が不安な方もお気軽にご相談ください。

多くの職種が集まり最適なケアを検討
多くの職種が集まり最適なケアを検討

医療・リハビリ・介護。それぞれのスタッフが連携し皆様の生活を支えていきます

当ホームでは、医療的ケアが必要な方を積極的に受け入れております。ご入居者様の中には経鼻栄養管理やペースメーカーを必要とされている方など、医療的ケアが必要な方も多くいらっしゃいます。かかりつけ医の指導を仰ぎながら、ホームの看護職員や介護職員など様々な職種のスタッフが一丸となり、安定したお暮らしをサポートいたします。

ホームの送迎車両。通院等にも利用可能です
ホームの送迎車両。通院等にも利用可能です

送迎車両で通院もサポート。車椅子のままでもご利用いただけます

当ホームには送迎車がございます。必要に応じて介護職員が付き添うことも可能です。事前にご連絡いただければ、運行時間内にて(通常運行時間9:00~17:00)ご相談に応じますので、送迎のお手伝いが必要な方は何なりとご相談ください。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!