【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

リハビリホームまどか蕨 特徴

空室状況
1人部屋:
4部屋
2人部屋:

空室状況は、 2021年12月3日時点のものです。

空室が残りわずかです。ご希望の方はまずはご相談ください。
見学・ご相談

今できることをこれからも。お一人おひとりに合わせたリハビリメニューや、多彩なアクティビティ・倶楽部活動を通して皆様の「ご自分らしい暮らし」をサポートいたします。

まずはお話を聞かせてください
まずはお話を聞かせてください

「その方らしい暮らし」を大切にした暮らしの提案をさせていただきます。

お一人おひとりには、「ご自宅のお花のお世話」や「毎日の晩酌」、「ご家族様に料理を振る舞う」などこれまで暮らしの中で大切にしてこられたことや、習慣としてきたことががあるかと思います。お好きなこと、得意なこと、ご自慢のことなど、どんなことでもよいので、皆様のお話を聞かせてください。ご入居者様の想いを汲み取り、ホームで「ご自分らしい暮らし」を実現していただけるよう、想いに寄り添った暮らしの提案やお手伝いをさせていただきます。

個別リハビリの様子
個別リハビリの様子

お一人おひとりに合わせたリハビリメニューで、今できることをいつまでも

皆様からお伺いしたお話をもとに、ホームでの暮らしのなかで、お好きなことや得意なことの継続や、新たなやりがいや楽しみを見つけていただくために、どのようなサポートが必要かを、ご入居者様、ご家族様と一緒に考え、リハビリや暮らしの提案をさせていただきます。また、リハビリホームの強みを活かして、機能訓練指導員がご入居者様のお身体の状態を見極め、お一人おひとりにあわせた「個別リハビリプログラム」を作成しています。一度プログラムを作成したらそれっきりではなく、定期的にご様子見ながら、内容を見直し。いつまでも「ご入居者様が主体の生活」を送っていただけるよう、リハビリでの身体機能の維持・向上を目指しています。

体操の様子
体操の様子

健康促進を目的として「しあわせクラブ」を実施しています。

「しあわせクラブ」は、ご入居者様同士が集まり、健康意識を高める活動を行うクラブ活動です。ご高齢になると便秘や歩行維持、不眠など健康へのお悩みが多くなり、お一人で抱え込んでしまわれる方もいらっしゃいます。当ホームでは、同じお悩みをお持ちのご入居者様が集まり、機能訓練指導員や介護職員主導のもと、お悩み解決に向けた体操などを中心としたクラブ活動として実施しています。活動の場は違うフロアのご入居者様との交流の場にもなっております。

お食事を楽しまれるご入居者様
お食事を楽しまれるご入居者様

「〇〇したい」という想いいの実現に向けたお手伝いをいたします。

ご入居者様の「○○したい」という前向きな想いを大切にし、想いに寄り添ったサポートをさせていただきます。例えば「食事だけはお箸を使って食べたい」という方には、手先を使ったリハビリのご提案や、使いやすいお箸を探したりと、実現に向けてサポートいたします。前向きな想いは日々の活力となり、「その方らしい暮らし」へとつながると考えております。

裁縫を楽しまれるご入居者様
裁縫を楽しまれるご入居者様

ご入居者様が輝ける「ハレの場」を大切に

通常定期的に、地域の幼稚園や小学校との交流の場を設けています。ご入居者様が作成した品物をバザーへ出したり、お掃除に必要な雑巾をプレゼントしたりしています。ご入居者様が作られる品物や雑巾は、「バザーに出品するために」「幼稚園のお子さんのために」というような”目標”を設定して制作いただくことで、やりがいを感じながら楽しく取り組んでいただけているようです。当ホームでは「誰がために」と「やりがいのある目標」とともに、ご入居者様が主役として輝ける「ハレの場」を大切にしています。

さまざまなアクティビティをご用意
さまざまなアクティビティをご用意

お仲間とお好きなことを楽しむアクティビティや倶楽部活動

ご入居者様に楽しくハリのあるご生活を送っていただくために、多彩なアクティビティを実施しています。カラオケや体操、ボッチャに絵手紙、習字、フラワーアレンジメントなど、飽きずに楽しんでいただけるよう工夫しながら、他のご入居者様や、スタッフとの過ごす時間を楽しんでいただけるよう努めています。

食器を拭いてくださるご入居者様
食器を拭いてくださるご入居者様

「生活リハビリ」のご提案にも力をいれています

生活全体をリハビリの機会と捉え、テーブル拭きやお洗濯物畳みや食器洗い、植木の手入れや水やりなど、定期的にお身体を動かしていただくことで身体機能の維持・向上を図り、いつまでもご自分らしくお過ごしいただけるようなサポートに努めています。そして、お一人では難しい作業はスタッフがお手伝いさせていただき。ご入居者様の自発的なお気持ちを大切に、スタッフはそれを支える「ちょうどいいお手伝い」を心がけています。

食事イメージ
食事イメージ

お食事にはさまざまな工夫をしています

日々のお食事は、栄養バランスや季節感を考慮したメニューをホームの厨房で調理し、でき立てをお召し上がりいただけます。また、通常2ヶ月に1回程度「イベント食」として、季節の行事に合わせたお食事やお刺身などを提供し、ご入居者様からご好評をいただいています。塩分・カロリー制限やきざみ食など、ご入居者様のお身体の状態に合わせた個別対応もまずはお気軽にご相談ください。

勉強会の様子
勉強会の様子

サービス向上を目指し定期的に勉強会を実施

ご入居者様お一人おひとりに安心感を感じながら、ご生活を送っていただけるよう、定期的に勉強会を実施し、介護技術はもちろん、認知症ケア、接遇マナーなど、さまざまな面で技術と知識の向上に努めています。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!