【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

メディカル・リハビリホームくらら吹田 特徴

空室状況
1人部屋:
5~
2人部屋:

空室状況は、 2021年7月25日時点のものです。

機能維持の取り組みやいつも誰かがそばにいる安心感。その方に寄り添った生活プランで、ホームだからこそ続けられる「ご自分らしい暮らし」のサポートに努めています。

慣れた手つきで調理されるご入居者様 慣れた手つきで調理されるご入居者様

「やりたい、役に立ちたい」の想いの実現に向けたお手伝いを。

ホームに入居されても、ご自分らしく、ハリのある生活を続けていただけるよう、私たちはご入居者様の「やりたい、役に立ちたい」というお気持ちを尊重し、実現に向けたご提案やお手伝いに努めています。写真は、ご入居者様による「おもてなし食事会」の準備のご様子。メニュー決めやお買い物、お品書きから始まり、ご入居者様が班に分かれ、包丁で野菜を切る人や材料を炒める人など、役割ごとに仕事を進めてお料理を作られます。お一人では難しい作業はスタッフがサポート。ご入居者様の自発的なお気持ちを大切に、スタッフはそれを支える「ちょうどいいお手伝い」を心がけています。
※材料費はお客様のご負担になります。

日頃の会話を通して体調の確認を 日頃の会話を通して体調の確認を

看護職員を365日24時間配置。夜間の医療的ケアが必要な方もご相談ください。

当ホームでは看護職員を24時間配置し、ご入居者様のかかりつけ医の指示のもと、日々の健康管理だけでなく夜間の医療的ケアにも対応しています。専門的な視点を持ってご入居者様のお話を伺ったり、些細な体調の変化を見逃さないようにしながら、かかりつけ医や介護職員など多職種と連携し、皆様の快適な日常をサポートいたします。

その方に合わせたリハビリのご提案を その方に合わせたリハビリのご提案を

機能訓練指導員がお一人おひとりのお身体の状態に合わせたリハビリを提案しています。

機能訓練指導員を概ね合計週40時間配置し、皆様の身体機能の維持に努めています。お一人おひとりのお身体の状態をていねいに評価し、ご希望の暮らしを考慮して作成したリハビリプランで、目標を持って取り組んでいただけるよう努めています。起き上がる・歩くなどの日常動作だけでなく、噛む力・飲む力・発語といった口腔・嚥下のリハビリにも力をいれています。

機能訓練指導員によるリハビリ 機能訓練指導員によるリハビリ

継続した会話やお食事を楽しんでいただけるよう、発語のリハビリや食事の評価を行っています。

「メディカル・リハビリホームくらら吹田」では、通常週2回機能訓練指導員が、言葉のリハビリや胃ろうをされている方の誤嚥予防のアドバイスを行い、皆様が安全に食事を摂取されているかの評価を行っています。
お食事を摂取される際、むせることが多くなった、たんが増えた、発熱が見られるなどの症状があった場合、適切な食事形態や摂取方法を検討し、安心感をもって楽しくお食事を召し上がっていただけるように日々努めております。また、アクティビティなどを通じて、言語、認知機能の維持回復も図っております。

アクティビティはご入居者様同士の交流の場 アクティビティはご入居者様同士の交流の場

暮らしに「生きがい」や「やりがい」を。さまざまな講座やアクティビティを企画しています。

ご入居者様のご趣味の継続やご興味のあることをアクティビティに取り入れたり、季節のイベントなどを開催したりと、日々「生きがい」や「やりがい」を感じて過ごしていただけるよう努めています。
アクティビティはご入居者様同士の交流のきっかけにもなっています。

顔なじみのご入居者様が集まるリビング 顔なじみのご入居者様が集まるリビング

安心感を得られやすいグループケアで、認知症の方も穏やかにお過ごしいただけます。

当ホームでは、少人数のグループでご生活いただく「グループケア」を採用しています。
食事やアクティビティをするリビングは、顔なじみのご入居者様やスタッフが集まり、家庭的な温もりのある時間が流れています。このいつもと同じという環境は認知症の方も安心感が得られやすく、穏やかにお過ごしいただいています。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

大阪府内の市区郡から有料老人ホームを探す

大阪府内の有料老人ホームを種類別に探す

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!