【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

メディカルホームまどか西大井 特徴

空室状況
1人部屋:
3部屋
2人部屋:

空室状況は、 2019年7月19日時点のものです。

空室が残りわずかです。ご希望の方はまずはご相談ください。
見学・ご相談

お一人おひとりの想いの実現を目指し、ホームだからこそできることを考え、できる限りご希望の生活に近づけるように努めています。

クラブ活動のご様子
クラブ活動のご様子

お仲間と一緒のクラブ活動で、活気あふれる生活を

当ホームでは、ご興味のあることや得意なこと、これまで続けてこられた趣味をホームでも楽しんでいただけるよう、クラブ活動のご提案に力をいれています。お一人やご家庭では難しかったことも、老人ホームだからこそ、お仲間やスタッフと一緒にお互い助け合いながら取り組んでいただけると考えています。園芸、書道、お料理、麻雀など、定期的に行われる複数のクラブ活動で、ハリのある暮らしをお送りください。

お気に入りだったお店へお出かけ
お気に入りだったお店へお出かけ

ご自宅と同じような生活を続け、ご自分らしい暮らしを

私たちはホームに入居されても、ご自宅と同じように「ご自分らしい暮らし」を続けていただきたいと考え、ご入居者様の「やりたい・続けたい」というお気持ちに寄り添ったサポートに努めています。これまで大事にされてきたものや想いは何か、どんな生活を送っていたのかをご本人様やご家族様から伺いながら、ホームでどのような暮らしのご提案ができるのか、どんなお手伝いが必要なのかを多職種スタッフで考え、日々のサポートに活かしています。

顔馴染みのスタッフが日々サポートします
顔馴染みのスタッフが日々サポートします

「いつもと同じ」顔なじみの集まる、居心地の良いリビング。安心感がもてる環境作りに努めています。

グループケアを採用し、フロアごとにお身体の状態や症状の近い方がご入居されているため、食事やアクティビティをするリビングには、顔なじみのご入居者様やフロア専属のスタッフが集まり、穏やかで居心地の良い時間が流れています。認知症の症状からご不安が出たときも、「リビングに行けば誰か知ってる人がいる」「いつもと同じ空間がある」という安心感を感じながらお過ごしいただけるよう環境作りに努め、当ホームがご入居者様にとっての「第二の家」となるようお手伝いさせていただきます。

ご入居者様と談笑する介護職員
ご入居者様と談笑する介護職員

ご入居者様・ご家族様の想い、スタッフの意見を取り入れ、その方らしい暮らしのご提案を

お身体の状態が変わり、お手伝いの内容が変わったり、増えたりしても、「その方らしい暮らし」ができるよう、随時生活プランの見直しを行っています。日ごろご入居者様と接している介護職員や、お身体の状態を把握している看護職員の意見を取り入れながら、快適にお過ごしいただけるよう努めています。

かかりつけ医の先生と情報共有する看護職員
かかりつけ医の先生と情報共有する看護職員

看護職員を24時間配置し、夜間の医療的ケアが必要な方も暮らしていただける環境です。

看護職員を24時間配置し、たん吸引や胃ろうなど、夜間の医療的ケアにも対応しています。
小さな気付きを看護職員・介護職員で共有しながら、日常生活を安心してお送りいただけるようなお手伝いをいたします。

ホームの取り組みや実際の雰囲気など
見学の際にご確認ください

このホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!