シリーズ特徴くらら

くらら│少人数のグループケアで温かい家庭的な暮らしくらら│少人数のグループケアで温かい家庭的な暮らし

1997年、岡山でスタートしました。
「第二の自宅」を目指して、家庭的な雰囲気と、「できることは極力ご自分で」行っていただく
自立支援の考え方を大切に、お客様とのご縁を積み重ねてきました。

くらら シリーズの成り立ち

くららは、介護保険制度の開始(2000年)以前から続く歴史のあるシリーズ。1997年に岡山市(門田屋敷)、1998年に東京都八王子市(南大沢)で開設した2つのグループホームが起源です。その後、この2つのグループホームで培った経験をもとに、「グループケア」の考え方を大切にした有料老人ホームとしてのくららが1999年に誕生しました。
1つのホームに複数のリビングがあり(※)、たとえばお食事もそれぞれのリビングで召し上がっていただきます。ご入居者様どうし、ご入居者様とスタッフが、気心の知れた関係性をつくるための工夫です。玄関で靴を脱いでいただくのも、「第二の自宅」であれば自然なこと。くららの玄関からは今日も、「お帰りなさい」「ただいま」の声が聞こえてきます。


※くらら門田屋敷、くらら南大沢を除く。

くらら シリーズの特徴

できることは極力ご自分で。ご入居者様の「役割」、スタッフの「待つ」ケア

歳を重ねると、ご自分でできないことが増えていきますが、そればかりではありません。できないことをお手伝いするとともに、できることにも目を向けたい。くららでは、そう考えています。特に長年携わってこられた仕事や家事、楽しんでこられた趣味に関して、ご入居者様はその道の達人です。スタッフは昔の話をお聞きしたり、コツや極意をお聞きしながら、お力を発揮していただこうと考えます。それは、ホームにご入居されても、その方だからこそ担える「役割」をもち続けることでもあります。また、時には、スタッフがお手伝いする場面と、見守りをする場面を見極めます。「待つ」ケアが自立支援につながるということを大切にしていきたいからです。

くららは、女性の名前が由来

最初のくららを設立する際にお世話になり、認知症ケアの方法として少人数で暮らすグループホーム方式を編み出したスウェーデンの認知症協会理事長「スティナ・クララ・ヒュルストローム」さんのお名前が由来です。
グループケアの特長を活かしながら、お一人おひとりの「生き方」と「こだわり」を大切にして、お元気な方にも、認知症の方にも深く寄り添っていきたい。その想いをシリーズ名に込めました。

リビングは白いキャンバス。一つひとつのリビングが、そこに住むご入居者様の「色」になる

グループケアにおける重要な場所の一つがリビングです。
くららには複数のリビングがあり(※)、そのリビングを中心に、人と人との関係性がつくりやすい人数規模での生活単位をつくっています。会話を楽しむ方、本を読む方、テレビを見る方、少人数でのアクティビティに夢中になる方、ウトウトする方。ご自分のお部屋も、家庭の居間のようなリビングも、ご入居者様の居場所。いつもの居場所で、自分らしい時間を過ごす。そんなお手伝いができればと考えています。アクティビティで作品をつくった時には、リビングのコーナーに飾ることもあります。一つひとつのリビングが、そこに住むご入居者様の「色」に染まっていく。ご入居者様が生活をされてはじめて、そこにしかない素敵な絵が完成するのだと思います。

※くらら門田屋敷、くらら南大沢を除く。

炊飯器やコーヒーメーカーが置かれたキッチン
生活の匂いが五感を刺激する

リビングのキッチンには、炊飯器やコーヒーメーカーがあります。ご飯の炊ける匂い、コーヒーを入れる香り。これらは、生活を彩る大事なものです。五感を刺激し、くつろぎを演出します。中には、ご自身で炊きたてのご飯をよそう方もおられます。また、ホットプレートを使って、お菓子や餃子を焼くこともあります。餃子の餡をご用意して、皮包みをご入居者様に手伝っていただくことも。焼きあがった餃子はいつにも増しておいしいと感じられます。くららのリビングには、色々な可能性が詰め込まれているのです。

くらら ホーム一覧

北海道

東京都

神奈川県

愛知県

大阪府

兵庫県

岡山県

お近くのホームを選んでお届けいたします
資料請求いただいた方に「安心できる老人ホームの選び方」プレゼント中
  • アリア
  • グラニー&グランダ
  • ボンセジュール
  • くらら
  • まどか
  • ここち
  • リレ
  • アリア
  • グラニー&グランダ
  • ボンセジュール
  • くらら
  • まどか
  • ここち
  • リレ
  • 7シリーズの特徴を比べる
お近くのホームの
老人ホームの選び方
冊子プレゼント中!